Friday, October 20, 2006

マンション リフォーム 奈良

『引渡し前の建物チェック』に同行してきました。
契約してしまったは良いが、今度は下請け業者がその金額では動いてくれない。。
施工床面積なるものとはなんでしょう?簡単にいえば、(あ)の建築基準法上の建物の面積に玄関ポーチやベランダ、あとは、吹き抜け部分の面積も足したものです。。
今回の場合、施工が雑でどうしようもないというわけではないので、やり直す必要はなさそうだというのが、まだ救われるところ。
 
「入社4ヶ月で、某ハウスメーカーを辞めました。あんな社風に染まりたくない。」
この前、案内させていただいたお客様から、購入申込み《買付証明書》をいただきました
建物完成・引渡し直後に、欠陥がわかってしまうというのもあんまりといえばあんまりなので。。
こちらも心底から業者の仕事を褒めることができた際の依頼者の表情が最高なんですよ。
 
専有部分というのは、あくまでもスペースであって、そのスペースを構成しているのは、共用部分なんですよね。
住宅購入後のライフプランについて、ファイナンシャル・プランナーを連れてきて、アドバイスしてくれる。
とやって、プランを完成させると、むっつりと黙り込んでいた担当者くんがボソっと一言。
世の中、絶対確実なものはありません。

1 Comments:

Blogger barb michelen said...

Hello I just entered before I have to leave to the airport, it's been very nice to meet you, if you want here is the site I told you about where I type some stuff and make good money (I work from home): here it is

9:04 AM  

Post a Comment

<< Home